うどん作ってみた

なんだ~それなら私も作れるよと思った奥さん、麺からですよ。麺から。

夕食に天ぷらを作ったんです。

天ぷらを天つゆにつけて食べると、、ああ〜っ、うどん食べたいなあ。って思いますよね。普通。

えっ、思わない?天丼がいい?

そんなことより、うどん食べたいなあって思ったんですよ。

でも買いに行くと、いろんな添加物に包まれていたり、保存のために酒精(アルコール)入りのものばかりじゃないですか。

そんなん食べてもうまくないねん。でも○亀製麺は讃岐うどんブーム育ちの愛媛県人のボクにとって邪道過ぎてイマイチやねん。

と、ゆーわけで、手元にある小麦粉でうどんを捏ねることにした。

本来は中力粉のところ、出血大サービス!最強力粉ユキチカラ全粒粉!

嫌な予感しかしないですねえ〜。

でも案外、うまくできたわけですよコレが。

小麦粉と水と塩を適当な分量で捏ねて、一晩寝かせ、薄く伸ばして切っただけのものがこちら。

ほぼ完成で写真撮ってどーするw

たーっぷりの塩水で、しっかり20分強火で焚き付けます。

台所が湯気でいっぱいなので、煮干しと昆布が霞んで見えます!!

ダシは煮干しと昆布と薄口醤油です!

でたあぁぁぁああ!!ドン!

違う、うどん。

見事な包丁さばきで太かったり細かったりいろいろな食感が味わえる素晴らしい代物!

茹で上がったら、一度冷水で洗い流します。ぬめりが取れたら、アツならもう一度茹でて温め、ヒヤならそのまま。

出汁に入れたり、出汁をかけたり、お好みで。

昨日の天ぷらのときに生成された天かすをかけて食べましたとさ。

麺はモッチモチ、喉越しを味わおうとすると、太すぎて正月の死亡原因トップと同じ顛末になりそうですので、よ~〜く噛んでいただきました。

でめたし、でめたし