私のだし遍歴💝

私の実家はずっと顆粒だしの素を使っていたので、だしと言えば顆粒だったし、もちろん素材から出す出汁も知っていたけど、そういうのは高級料亭とかそういう類のものだと思っていました。

結婚して、夫は食べ物の味にかなりこだわりがあったので、もちろん顆粒だしの素はなしよりのなしで。顆粒だしの素くんとはここでさよなら。

それからだしパック。しばらくだしパックくん。煮干し粉とか、しいたけ粉とかそういうのを色々買ってオリジナルだしパックを作ってた気もします。

乾燥シイタケを作ったこともあったっけ。それから水出しで出汁を常備してたこともありました。

麦茶とか入れる容器に水と煮干しと昆布としいたけ入れて。これも結構便利だった!自主保育をやってたときに、みんなで持ち寄りして味噌汁を作ったりしてたので、水出し出汁は重宝してました。

その後、昆布出汁くん。味噌汁作る時に昆布を入れて火にかける。だしがら昆布は刻んで冷凍庫へ。たまったら、佃煮を作ったりしてました。

そしたら、月1で通ってる親子グループのお昼ごはんでお味噌汁が出るのですが、それがめちゃくちゃ美味しくて、そこの出汁が水出しの昆布出汁と知り、早速家でもやることに。

しばらく昆布を水で出して、その後刻んで具材と共にまた入れて味噌汁で一緒に食べてました。

しかし、ココ最近は水出しで昆布出汁を取ってから、煮干しと鰹節と先程の刻んだ昆布を入れてちゃんと出汁を取るようになりました。

これがやっぱり本当に美味しい。身体に心に沁みる。出汁最高!!

だしがらは、1日外で干して乾燥させてから、フライパンで胡麻油で炒めて醤油と味醂で味付け。美味しいふりかけにします。

これがまた美味しい。テーブルに置いておくと我が家の3匹の子ねずみがちょこちょこつまんでいっていつの間にかなくなっています(笑)

一番面倒くさそうと思っていたことにいつの間にか足を突っ込みそしてハマる。

我が家の味噌汁は高級料亭仕様✨

そして味噌はお手製味噌。だから、ぽちゃねこ家だけの味💖

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする