【ジョーク記事】プレスリリース【起業のお知らせ】ノンビリエンスストア ノーソンをオープンします!

皆様こんにちは、本日から4月、新年度です!エイプリルフールですが、真面目なお知らせです。実は私、かねてより準備をしておりまして、ついに皆様に発表する日がやってきたことを、とても嬉しく思います。

【この記事はジョーク記事です】

プレスリリース

ノンビリエンスストア ノーソンをオープンいたします!

詳細
  • オープン予定日: 2018年4月31日
  • 位置: 某自然農園内
背景

ナチュラルローソンのような自然食を扱った素敵なお店が都会にありますが、究極に欠けていることがありました。それは、名前はナチュラルと謳っていても、ビルの中にあったり、ビニールに包まれた食べ物ばかりで、全然ナチュラルとは程遠い代物だということが指摘されておりました。

また、若者は都会に流出してしまっており、地方の農村の多くは人手不足。野菜はとても美味しく、とても良い環境にもかかわらず、作った野菜の出荷先が無く、人間よりも鹿や猿などの獣のほうが農産物を食べてしまっております。

一方で都会はストレスだらけ。15~40歳の死因のトップが自殺という、恐るべき状況となってしまっております。そこで、都会に移住してしまった方も、田舎へ来ていただき、都会でのストレスを癒やして欲しいという思いがありました。さらに都会の人が癒やされながら買い物をしてもらえば、一石二鳥だと思いました。

特徴
  • 自然の多く残る田舎にあるので、鳥の声でも聴きながらノンビリと買い物ができる。
  • お客様自身でその場で収穫していただき、業界No.1の鮮度の野菜が購入できる。
  • 野菜は人の手間の少ない自然農法で育っており、肥料や農薬などの経費は一切不要。
  • 自然農法の指導や、各種の作業体験も可能。汚れても良い服装でお越しください。
  • 料金は当面は詰め放題。袋のサイズごとに、小1袋100円、大500円、特大1000円。
今後の展望

人手不足に対応するため、最新のAIによる画像解析技術と、農家の直売所のビッグデータを駆使し、野菜の量を自動で読み取り、農村価格で購入ができるよう、開発を進めております。また課題となっている草の管理も、野菜と雑草の判別システムを搭載した草刈りロボットもまた開発中です。

そして、VRゴーグルで、まるでそこにいるかのような農家のおばあちゃんと会話やコミュニケーションの出来るアプリを開発中です。その名もバーチャン リアリティ(VR)

添付資料:
店舗建設予定地 某自然農園

もちろん嘘です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする