ぽちゃねこの家造り~土地②~

愛川町に土地を見に行きました。

最初なので、こばじゅう(小林住宅工業)さんの営業さんと設計士さんも同伴です。選ぶ際のポイントなども教えてくれます。

よくよく聞いてみると、愛川町とのご縁は、ぽちゃこ爺の墓が以前、愛川町にあったそうで、ぽちゃことぽちゃこ母が定期的に通っていたそーです。今はお墓を厚木に移してしまったのですが。その当時はど田舎だと思っていたらしく、ぽちゃこ母はあまり乗り気でない様子。でも、愛媛出身としては、また住所に愛が書けることが楽しみでなりません。しかも2回も!(愛甲郡愛川町)

最初に見に行った土地は、調整区域内の分譲地。すぐ横は畑。建築条件外しが必要で、少し高いこと以外はなかなかいい場所でした。隣が農地になっており、耕作放棄地のようでした。いくつか区画があるなかの3分の1ぐらいは既にお家が建っており、残りはまだ更地でした。

次に見に行ったのはウワモノ付きの土地。事前にネットで見つけてリクエストした場所。ここも調整区域で、開けているから場所はすっごくいいけど、主要な県道の前で、ちょっと騒がしい様子。そもそも値段が高いし、鉄筋だから解体費用がかかるとのことでした。

次に案内されたのは、崖っぷちの細長い土地。こんなに細くて家建てれるの?って思ったら、営業さんが「こちらですね」って指さした先、崖の下に何やら造成された分譲地が4区画。細がないと思ったのは駐車場。4区画のうち、2区画は3階分の階段を降りた先。もう2区画は設計士さん曰く、「入り口は2階に作る感じになりますね、あと、玄関まで橋が必要です。でもすごく眺めがいいので、この眺めのためなら便利さを捨てられる方向けですね」…ってもう苦笑いするしかない感じ。

そのあとは、不動産屋さんオススメな分譲地をいくつか案内されましたが、不動産屋さんチョイスのほとんどは、平凡すぎて、僕たちにとっての愛川町である意味がない感じでした、なんて(笑)

そして、ぽちゃこが前にネットで見た土地があると思い出し、携帯で検索し、見に行ったのは、無駄に広い土地。縦長で確か250坪ぐら いありました。坪単価で言えば格安。雑草がボーボーで、コスモスの種とお友達になれました。隣が薬局。道路より2メートルほど高 い。でも間口が狭すぎて家が立てにくい。擁壁を作りなおさないと駐車場が難しいなどなど。

その日はそれで終わり。次回は、もっと山奥でいいんですけど!って、言っておいた。本当にいいんですか?って言われたんだけど(笑)

こちらからも、ネットでもっと検索することにした。

続く

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。