とにかくシンプルな「食べ物の選び方」~楽ウマ人生~

こんにちは、今年は雨が少なく、今のところ空梅雨の模様ですね。それでも梅雨らしく湿った日もあり、今日は一日雨でした。

ぽちゃねこの家は何やら食べ物にすご~~くこだわっているように見られていますが、最近は細かく考えず、美味しいものを食べてます。ここまでの道は長かったですが、今はシンプルに落ち着きました。どんな食べ物を選んでいるか紹介します。

本物の食材を。

巷の加工食品が偽物に溢れているのは初歩中の初歩ですが、自然のもののように見える野菜や果物、肉や魚であっても、本来の育ち方をしていないものは見た目だけのメタボで不自然な食品。本当の食べ物とは言えません。そこらで手に入る中で本物の食材といえるのは、天然の山菜や木の実、無農薬・無肥料の野菜や果物、天然のジビエ肉、自然に近い畜産の肉、天然の魚とかでしょうか。

調味料であれば、本来の塩だけでも十分ですが、美味しいので昔ながらの造り方の醤油や味噌、味醂、酢、そしてハーブや香辛料も使います。塩以外は絶対必要なものでもありません。

もちろん、いつもそれらの食材が手に入るとも限らないので、無い時は素直に手に入るものの中で比較的本物に近いものの中から美味しいものを探して食べます。

本当の食べ物が何かを追求せずに、やれ添加物が悪いだの、肉が悪いだの、塩が砂糖が悪いだの、穀物が悪いだの考えても、初歩中の初歩で足踏みしているということに気づきました。

美味しい?

本物の食材は新鮮で毒(アク・自然毒)のないものであれば当然ウマいですが、それが無い時は美味しいかどうかが最も重要です。舌騙し調味料(甘味料や化学調味料)や香料、着色料などで色付けされていない限り、それを食べるかどうかは五感と直感が判断してくれます。

食べ物の美味しさは、味だけでなく、香り、見た目、今食べたいかも美味しさの要素です。変な味や変な匂いがするものは、特に妻や子どもには食べさせず・・・と言いたいところですが、そもそも出しても食べてくれません(笑)。

かと言って、甘い味付けでごまかすのは愚の骨頂。味覚に対するまやかし。それじゃあ粗悪な加工食品と同じ。必要としないもの(不用品)を無理やり詰め込んでるだけですからね。無理せず身体が本来必要とするものを必要なだけ食べるだけで十分。

嘘の味付けがされていない限り、ミネラルやビタミンなどの栄養素なんて考えなくとも、美味しく食べられるかどうかが、自分にとっての今必要とする食べ物。「科学が認知している栄養素」以外の要素が無いともいい切れませんしね。生命エネルギーみたいな(笑)。

ちなみに敏感な人たちが食べなかったものは僕の担当。「ぼく、ザンパンマン!みんなの食べなかったものを食べるよ!」。大食漢で好き嫌いもなく…鈍感なのか毒の許容量が大きいのか?しかし最終的に僕が不味い「うぇっうぇ。」と思ったものは、土の中の菌の餌になるか、ヤバいものは燃えるゴミ行き。

選ぶ基準

人間っていうのは、栄養があるだの、希少だの、こだわって作っただの、見かけの文句に騙され易い生き物みたいですので、まずはそれが本物の食材かどうかを考え、美味しいかどうか自分の体に聞いてみます。

値段の安さで選ぶのは、自分の体を安売りしているようなもの。経済的に言えば自分の身体に投資した分は、色々なことで回収できます。安いものばかり買っているのにお金がなくなるのは使ったお金を回収できていないから(=投げ捨てているから、安物買いの銭失い)です。加工食品や外食は手間賃のぶん回収率は悪くなりますが、その時の状況やそれで得られる体験を天秤にかけます。

本物かどうかの見分け方としては、栄養がどうとか生産者のこだわりとか、本来の食とは関係のない中途半端な文句は無視して「事実の部分」を気にします。食材は肥料や飼料を与えすぎていないか、不要な消毒をしていないか。加工食品であればメインの材料の質がおかしくないかとか原材料が台所で手に入るもので作られているかとか材料費と手間に対する値段が安すぎないか加工度が高すぎないか(精製食品)、そのぐらいです。

美味しいかどうかは、味覚が正常を取り戻していなければわかりません。「自分は味覚障害じゃない」と思っていても、加工食品や外食を多くしていると、化学調味料や糖類で舌が麻痺しています。本物の食材をしっかり味わって、他のものを極力避けることが、自分の体と対話する近道です。本当の味がわかるようになると、今まで騙されて食べられていたものは段々と食べられなくなります。

サイゴに

本来の食べ物を食べていないことで本来の人間の病気ではない病気(感染症以外の病気)が蔓延しています。人間を含む生き物全ての身体は外部から取り入れたものでできています。そして、取り入れたものの形質になります。

自分に嘘つきながら生きている人が、嘘の味付けの食べ物ばかり好んで食べて、病気を対症療法でごまかして居るのも必然のように思います。それはそれで一つの生き方ですので別に否定しません。自ら選んだ生き方があって然るべき=自然です。自然にも人間にも多様性があります。

嘘の病気を根底から消し去って、人間本来の生き方を取り戻したいと思った人だけがすれば良いことだと思っています。

だから、ここで書いた本来の食をすることが絶対ではありませんし、我が家でも100%やっているわけではありません。しかし、自分たちはこれに気づいたことで食の幅が広がり、「安全安心な食べ物がなくて困る」問題はなくなりました。100%安全や絶対安心な物を探したところで、自然界には最初からそんなもの存在しないので、なるべく本来の食べ物で美味しいものを食べるのです。病気になったらなったで、無駄な抵抗をせずにそれを受け入れます。

人生28年、結婚4年半にして、ずいぶん楽に生きてます。自分に正直に、味覚にも正直に生きたいなぁと思う所存です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。