サルシファイ(salsify)西洋ゴボウの育て方

調べると、みなさん、発芽に苦労しているようです。

「海外の作物については、海外のサイトを読みましょう。」ということで、育て方を英語で調べてなんとなく訳してみました。このサイトを意訳。

サルシファイは寒い気候の根菜です。(寒冷地では)播種は春、最後の霜の予想の2週間前、地温が4度(40°F)に達したときが目安です。暖かい地域では、初秋に蒔くと冬に収穫できます。サルシファイは120~150日が成熟に必要です。収穫時に寒い季節に当たると最高です。

サルシファイ:サルシファイは耐寒性の2年草の植物で、野菜としては1年草として育てます。サルシファイは長くロウソクやニンジンに似た白い根で、若い時は柔らかいです。サルシファイは少し牡蠣に似ておりベジタブル・オイスターやオイスター・プラントと呼ばれることがよくあります。

ブラックサルシファイ:サルシファイに似た黒い根菜。植物名はキバナバラモンジン。スペインのサルシファイとも呼ばれます。サルシファイとブラックサルシファイは共にキク科です。栽培条件は同じです。

生産:1家庭当たり10本(←なんだろうこれは)

場所:サルシファイは日向で栽培します。サルシファイは20~30センチの深さまで、完熟した有機肥料を施した、肥沃な土壌に直播します。障害物が在ると根が分岐するため、畝からすべての石と土の塊を除去します。

栽培時期:サルシファイは寒い気候の根菜です。(寒冷地では)播種は春、最後の霜の予想の2週間前、地温が4℃(40°F)に達したときが目安です。暖かい地域では、初秋に蒔くと冬に収穫できます。サルシファイは120~150日が成熟に必要で、収穫時に寒い季節に当たると最高です。サルシファイは秋に最初の氷点下を下回った時に収穫できます。29℃(85°F)を越えて畑に置いておくことはできません。根が繊維質になります。

栽培間隔:播種は1.2センチ(1/2インチ)の深さに1.2センチ間隔ですじ蒔きします。発芽に成功したら、7~10センチ間隔に間引きます。列は45~60センチ離します。

水やり&施肥:根が固くなるのを防止するため、保水します。植え付けの前に完熟堆肥を施します。半ばに完熟堆肥を株間に施します。播種前の窒素過多と肥料過多は根の分岐を引き起こすことがあります。

コンパニオンプランツ:ニンジン、カブ、ルタバガ、ジャガイモ、サツマイモ

注意:雑草を生やさないようにする。収穫時期が凍結の後の栽培計画の場合は、30~60センチのワラを敷く。

コンテナ栽培:サルシファイは長い根になるため、コンテナ栽培には向きません。

害虫:サルシファイは深刻な虫害になることはありません。

病気:サルシファイは深刻な病気になることはありません。

収穫時期:サルシファイの根が30センチまたはそれ以上になったら収穫。根を傷つけないように掘り起こすか引き抜く。成熟には120~150日必要。サルシファイは収穫までに凍結しても根は耐えることができます。長く置いておくとサルシファイは牡蠣の風味が少なくなります。

種類:ジャイアント・ロシアン、サンドイッチ・アイランド・マンモス、ブラックサルシファイ

保存・保管:冷蔵庫に3~4週間保管できます。事前に葉は取り除きます。根は湿った冷たい場所に2~4ヶ月間保管できます。

一般名:サルシファイ、オイスタープラント

学名:Tragopogon porrifolius

原産地:南ヨーロッパ

どうやら、3~4月と言うのはイギリスなどの寒冷地の話で、比較的温暖な関東では、初秋~晩秋に種を蒔けば、冬には美味しいサルシファイができるかと思います。というわけで、実験。今からなら3月~4月収穫かな。本当は9月ごろが良かったかもしれません。

種はイギリスのT&Mから個人輸入し、先日無事に届きました。発送から1週間ちょうどです。

これを無肥料でやるには、どうするか?とにかく、ふかふかの場所で育てればよさそう。そら豆の横か、里芋の跡地でやるかな?

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。