だいじょうぶ

夫ねこさんとお付き合いを始めたのが8月の上旬でした。そして8月の下旬にプロポーズされて、9月1日から一緒に暮らし始めました。

ねこさんは18歳から務めていたIT系の会社を辞めたいと言っていて、じゃあ辞めればと私の鶴の一声で辞める決心をし、退職したあとになんと妊娠が発覚。

私もまだ働いていたのでそれと、ねこさんがバイトしたことないからしてみたいというのでバイトの掛け持ちで暮らしていくことになりました。

いよいよ出産が近づいたとき、ねこさんは自営業でITに復帰。それからは、世間一般的な安定した生活に戻り、無事に第一子も出産。

 

こんな二人のスタートに周りはものすごーく心配したそうです。そんな心配をよそに自分たちはお気楽でした。

私は、この人とだったら何があっても大丈夫だと思っていました。それはきっといい方向に行くから大丈夫という想いと、もしうまくいかなくてもこの人とだったら大丈夫という想いがあったからです。

たとえ無一文だったとしても、この人とだったら笑っていられそうと思ったし、そこからまた何かを生み出していけそうとも思っています。

だから、私はどんなときも笑っていられるし、毎日幸せなんだ。

ねこさんとのありえないようなスピード結婚から、私の人生は180度変わりました。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。