やさしさに包まれたなら

妊婦生活もまもなく9か月。お腹も張りやすく、ゆったんと遊ぶことも大変になってきました。

今日も外で遊びたかったゆったん。だけど、私の調子があまりよくなく、家にいることに。

 

妊娠してから、ゆったんに我慢させてしまうことも多くなんだかな~と思っていて、今日も外で遊びたいのに連れて行ってあげられなくて、なんだかとっても申し訳ない気持ちになり、ゆったんに「お外に連れて行ってあげられなくてごめんね。」と伝えたら

 

「ごめんねじゃないよ、大丈夫!ゆったんがかーちゃんの大好物作ってあげるからね!」と言っておままごとを持ってきて

「はい、食べてね!」と。

 

ゆったんのあまりのやさしさに思わず涙がいっぱい溢れてしまいました。

「かーちゃん、泣かないの。ゆったんがいるから大丈夫。」と言って抱きしめてくれるゆったん。

 

ますますうわーんと泣いてしまう私。どっちがお母さんなんだか・・・。

 

その後、しばらくして調子も良くなったのでゆったんと夕方のお散歩へ出かけて、そのまま公園に行って遊ぶこともできました。その中で、ゆったんと笑っていられるだけで、幸せだな~とつくづく感じ、それだけのために生きるのも素敵だと思った今日の出来事でした。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。