妊娠3か月を振り返る

とにかく3か月はつわりとの付き合い。軽いものの、毎日朝4時には気持ち悪くなって起きていました。でも、またすぐ寝ちゃって次に起きたときは、平気になっているので良かったのだけど!

食べちゃいけないセンサーがとても発達しているのか、美味しくないものは食べなくてもわかるような体質になっていました。

このときも肉食でしたが、外食時の肉食は逆に危険と察知したのかあまり食べる気になれず、まだ安全そうな糖質と菜食で乗り切りました。松山に帰省中は定期的にお肉が食べられないので、食べられなかったはずの糖質をとても欲するようになっていました。赤ちゃんが成長するためと自身を維持するためにエネルギーを欲していたのでしょう。帰ってからは、お肉をいつも食べられる環境なので糖質を食べなくても大丈夫になりました。

脂質も求めているのがわかり、ラードやいくら、アボカドをよく食べました。本当は手軽にとれるバターを摂取したかったけれど、この時期はどうも受け付けず食べられませんでした。バターから作るギーは大丈夫だったので、これからはこれで脂質摂取していこうと思います。

ゆったん妊娠中は食べられなかった味噌や納豆が食べられたのが面白かった。また今回もカレーにハマったのも面白い。焼き魚や煮魚が今回は食べられなくなったけど、先日食べたら美味しくて!明朝に気持ち悪くて起きることもなくなったので、ついにつわりも終わりかな?

お腹も二人目ということもあり、出てくるのが早くすっかり妊婦体型に。明日から4か月。なんだか早いな~

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。