満員電車寄席〜シュトーレン〜

おはようございます。日本全国満員電車寄席の時間がやってまいりました。

皆さんは、クリスマス前に食べるシュトーレンというお菓子をご存知ですか?

なんでも、ドイツの方のお菓子で、クルミなどのナッツやレーズンがたっぷり入っていて、ラム酒の香り、白い粉砂糖に包まれたその愛らしい姿は、まるで白い布に包まれた赤子のようでございます。

何やら本場ではクリスマス前の1ヶ月ほどに、1日1枚ずつ切って食べるそうですねぇ。

(羽織を脱ぐ)

ちょいとあなた

なんだよぉ

お隣のジローちゃんとこ、なんだか白い塊みたいなの買ってきたと思ったら、大事に大事に少しずつ食べてるみたいなの、それがなんだか気になるから、あなたちょっと同じもの買ってきておくれよ!

やだよぉ、自分で行けばいいじゃねえかよ。俺はこれから昼寝をするところで忙しいんだ。

ゴロゴロしてないで散歩してきなさいよぉ!寝たら騒ぐわよ!…10秒おきに。いぃ~ちぃ~

わかったわかった、行ってくる、行ってくる、眠れやしねぇ。それで、それはどんな名前よぉ。

知らないわよ、表面が白くて、中が茶色くて、ちびちび食べるもの、探して来て!

ガチャン(玄関を出る音)

おっジローちゃん、いいとこにいたねぇ。実は聞きたいことがあるんだ。

どうした、なんでもいいから言ってみぃ。

お前さんところで前に買ってきた表面が白くて、中は茶色くて、ちびちび食うヤツあるだろ、ありゃなんだ。

ああ、あれか、ありゃ食いもんだ。

そんなことはぁわかる。なんてェ名前だ。

俺は先を急ぐ、一回しか言わねぇからな。シュトーレンだよ。

シュト・・・?覚えらんねぇな。そこらへんで売ってるもんなのかい?

ああ、探せばあるよ。じゃあな。

そうかい、ありがとよ。

あ~あ、見つかるかなぁ、シュ・・・なんだっけな、表面が白くて、中は茶色くて、ちびちび食うヤツ。雑貨屋の大将に聞いてみるか。

おぅい~、大将。

へいらっしゃい、なんでぃ今日は何を頼まれてきたんでぇ。

そんな最初からお使いだなんて決めつけるんじゃねぇよ。

違うのかい?

ああ、お使いだよ。今度はなんか食いもんらしいんだが、表面が白くて、中は茶色くて、ちびちび食うヤツ。名前が、シュ・・・ショ・・・なんだったかな。

滑舌が悪そうな名前だなぁ。

とにかくその、表面が白くて、中は茶色くて、ちびちび食うヤツ探してんだ。

そんなもんあったかなぁ。そうだ、これがあるぞ。

なんだいそりゃあ、どうやって食えるんだい。

これはキンショーだ。家に帰ったら、袋をあけて、マイチに霧吹きで水をかけてみてくれい、そしたらチビチビ食えるよ。

ショ…それに違いねぇ、1つ買って帰るぜ。

おぉ~い、買ってきたぞ。

あなた見直したわぁ~。…ちょっと何よこれ。

ショ・・・なんだっけな、とにかく、表面が白くて、中は茶色くて、ちびちび食うヤツ。

なんだか思ってたものと違うわぁ。それに何よ、なんだか土みたいな匂いがするわぁ。

袋を開けて、霧吹きで毎日水をかけるんだとよ。そしたら食えるってよ。

わかった、あなたお願いね。

よし任せとけぇ。シュッシュッとな。

ちょっとあなた、きのこ生えてきたわ!

お後がよろしいようで。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。