かぼちゃで北インドの味。たぶんサブジ。とプーリーのレシピ

先週、家の前に住んでいる北インド人の妊婦さん、青い甘くないかぼちゃをくれという、日本人としては不思議な要求。まだ早いよなぁと思いながらもそれがいいと言うので、持っていったら、これはインディアンベジタブル!と喜んでいました。日本人はこれはまだ食べないんだよ、と教えておきました。

その後、カボさんはどうなったかというと、美味しいカレーになって、プーリーと言う揚げチャパティ付きで帰ってきました。

それを美味しい!って言ったら、今日はその姑さんが我が家に遊びに来て、かぼちゃのサブジ(と思われる)と、プーリーの作り方を教えてくれました。感想や写真は後ほどぽちゃこが上げますたぶん。

かぼちゃのサブジ

名前はゴッディとか言ってた気がする。

材料

  • クミン 少々
  • フェヌグリーク 少々
  • 赤唐辛子 数個
  • 青唐辛子 数個
  • ターメリック 少々
  • にんにく 1個
  • タマネギ 1個
  • トマトピューレ 大さじ2~3
  • 塩 適量
  • 油 たくさん
  • 若いかぼちゃ 半分~1個

作り方 (調理時間 約30分)

  1. かぼちゃを適当に一口大より大きいぐらいに乱切り。にんにくと青唐辛子とタマネギは粗みじん切り。
  2. 鍋に油を入れて熱し、中火~弱火でクミンとフェヌグリークと赤・青唐辛子を入れて、少ししたらにんにくを入れ、しばらく熱する。
  3. タマネギを入れて、ターメリックも入れ、しばらく炒め、トマトピューレを投入して炒める。
  4. かぼちゃを少しずつ入れては炒め、全量入れたら、塩を入れ、水をコップいっぱいほど入れ、フタをする。
  5. 水がなくなってきたら、焦げ付かないようにかき混ぜ、かぼちゃが潰れるぐらいになったら、潰しながらかき混ぜる。
  6. かぼちゃが簡単に崩れて、半分ぐらいマッシュ状になれば完成。塩味が足りなければ追加する。

プーリー

=揚げたチャパティ。分量はおばあちゃんの手感覚のようなので、よくわかりません(笑)やってみて研究します。

材料

  • 全粒粉 6人前 800g程度
  • 油 大さじ1程度
  • 揚げ油

作り方 (調理時間 約10分)

  1. ボウルに小麦粉を入れ、塩を少し入れ、かき混ぜておく。
  2. 軽く混ぜながら水を足していき、全体が粉っぽくなくなり、まとまったら、油をちょろっと入れて練る。
  3. 打ち粉をして適当な大きさに丸め、薄く伸ばす。
  4. 熱した油に伸ばした生地をいれて、揚げる。膨らむけど気にせず火が通るように時々ひっくり返す。

料理は味付けはスパイスと塩だけなんですね。時々貰うお菓子は飛び上がるぐらい甘いんですけどね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。