古代小麦でパン作り

過去に2回ほど古代小麦でパンを作りました。レシピを参考にして作りましたが、生地が垂れてしまい、うまく膨らみません。味は美味しいのに…とすごく悔しい思いをしたので再度挑戦してみることに。

水分量が多いのかな?と思いつつも調べてみると水分量が多いけどしっかり膨らみ焼けたパンのレシピを見つけました。

Cpicon 低フォドマップ導入期☆基本のパン生地^^ by ショコラのネネ

そこにはしっかり捏ねることと書いてあり、今回はよく捏ねてみることに。前回と水分量は変わらず、捏ねる回数を格段に増やしました。

古代小麦は捏ねれば捏ねるほど滑らかな生地になり、しっかりとしたパン生地のように!前回はただダラ〜っとしただけだったので、よく捏ねればいいんだ!と今さら発見(笑)

捏ねて一次発酵4時間ほど。その間も1時間ごとに捏ねて置いてを繰り返しました。(乾燥防止にラップも忘れずに)

そして4時間後と言いたいところがお出かけしてしまい(笑)数時間後、発酵し過ぎて膨らみまくったパン生地に打ち粉をたっぷり付けて丸めて250℃に予熱したオーブンに入れました。(パンが食べたくて2次発酵とかベンチタイムとか色々無視しました😅)

250℃15分です。途中で温度を180℃に下げて残り5分を焼きました。

膨らむか?!とじーーーーーっとオーブンの前で見守ること3分…お!おおおっ!膨らんできた!?そして前回は無かった底側も膨らみ持ち上がってる!!
じゃじゃーん!!

見た目はまだまだ。次はもうちょっと丁寧に焼こう(笑)

外はカリッ中はフワもち♡

生ハムチーズサンド!

生ハムチーズサンドにしました!
家は麻布十番にあるスーパー、日進ワールドデリカテッセンで古代小麦を買っています。

調べたらネットでも買えるみたいですね〜今度買ってみよー♪

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。